愛知県作業療法学会

第28回 愛知県作業療法学会|2020年5月31日(日)ウインクあいち

ご挨拶

2020年(令和2年)第28回愛知県作業療法学会のテーマは「作業療法を楽しもう ~学会においでん~」です。

2020年はオリンピック・パラリンピックイヤーでもあり、多くの世代の方が本国で行われるビッグイベントをとても楽しみにしているかと思います。

今の時代、障がいを持っていても、自由に自分らしく生きること、その人らしく生きること、それを一緒に支えるリハビリテーション医療が必要です。その中で私たちは何ができるのでしょう?

2018年5月に「作業療法の定義」が改定されました。

「作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象者にとなる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。」

とあります。

私たち、作業療法士がどうしたら、健康や幸福を促進できるのでしょう?目的や価値を持つ生活行為にアプローチできるのでしょうか?

様々なご意見はあるでしょが、私が27年(ちょうど28回の学会イヤーで28年目です)の作業療法人生で想うのは1つです。

患者さんといかに「治療の時間を楽しめるか?」です。自己満足の時間であってはいけません。治療の時間・空間を一緒に共有し作りあげることだと思っています。「またこの療法士と一緒に訓練の時間を共有したい」という前向きな気持ちにできたら素敵ですね。

気持ちが動くから新たな目的や目標が生まれるのではないでしょうか。

さあ、作業療法を楽しむには、わくわく、うきうきな体験をすることも大切です。

まずは、学会で作業療法の魅力を再発見するのもよし、がんばっている人をみつけ憧れるのもよし、明日からの活力になる、そんな楽しい学会を目指しています。

みんな、学会においでん!!

第28回愛知県作業療法学会
学会長 松重 好男
(医療法人 三九会 三九朗病院)